契約書・協議書・議事録を作成したい。相談したい。

JR総武線・本八幡駅1分の行政書士事務所が、契約書・協議書・議事録の作成を代行します。また、ご相談も承ります。

市川市、船橋市を中心に千葉県、東京都の全域に対応します。

契約書(協議書)のすすめ

契約書というと「トラブルが起きたときに裁判所に提出する証拠」というイメージがあると思います。

実際、最終的には、その通りだと思います。

しかし、最終段階に至らなければ、そんなに物騒なモノでもありません。

契約書(協議書)は「何を約束したのかを記録した紙」、つまり覚書として機能します。

弊事務所で取り扱った実例を紹介します。

不動産の所有者が親戚にその不動産を貸すことになりました。貸す側・借りる側の双方の話がまとまり、家賃の金額や支払期限、貸して(借りて)いる期間、その他の約束事を文章にまとめて紙に書きました。

これが契約書です。単に「家賃はいくらだっけ?」「いつまで貸しているんだっけ(いつまで借りていられるんだっけ)?」ということを確認するための覚書として機能します。

こうした契約書があれば、記憶違いで親戚と気まずい思いをすることも防ぐことができます。

ぜひ、気楽に考えて、契約書を作成してください。

弊事務所では、お客さまからのヒアリング内容を整序して、契約書(協議書)の文案起草から作成まで代行いたします。

上述の実例のような契約書は、ほとんどの場合30,000円(税別)です。

議事録にも対応します

会議や総会等に同席し、その進行・発言等を文書に記録いたします。

契約書・議事録とも、上述の金額に加えて、行政書士の交通費など業務遂行に必要な費用が別途発生します。


市川市在住20年の行政書士が、市川市・船橋市などを中心に、契約書・協議書・議事録の作成をお手伝いをしています。事務所はJR総武線の本八幡駅1分、京成線や都営新宿線も利用できる大変便利な場所にあります。

ご希望に応じてお客様を訪問いたします。お気軽にお申し付けください。(千葉県・東京都の全域に対応)