建設業許可申請の代行・相談

JR総武線・本八幡駅1分の行政書士事務所が、建設業の許可申請手続きの代行・相談を承ります。

市川市、船橋市を中心に千葉県、東京都の全域に対応します。

たかはし行政書士事務所(トップページ) に戻る

建設業許可申請をお考えの方へ

建設業の許可は、経験・規模・技術の証です。

ぜひ建設業許可を取得して、注文主さまに御社をアピールしてください。

建設業許可を取得すれば、1件の工事請負代金が税込500万円以上の工事(建築一式工事では1件の工事請負代金が税込1,500万円以上の工事。ただし、面積150平方メートル未満の木造住宅は許可不要。)を請負うことができるようになり、より大きなビジネスが可能になります。

許可申請手続きは、ぜひ弊事務所のお任せください。

また、許可を受けた後に発生する事業年度終了届(決算変更届)業種追加変更届更新もお任せください。

ご依頼から手続完了までの流れ

  1. まず、ご相談から
  2. 要件確認(お客さまが許可要件を満たしているか確認します)
  3. 見積金額の提示
  4. 正式なご依頼
  5. 書類の作成・収集
  6. 土木事務所に書類提出
  7. 手続完了

費用・報酬は?

正式にご依頼いただく前に見積金額を提示いたします。

また、下表のほかに、各種証明書の取得費用、行政書士の交通費など業務遂行に必要な費用が別途発生します。

手続名料金項目金額
新規申請
(知事の許可)
都道府県の手数料90,000円
行政書士報酬145,000円(税別)
事業年度終了届
(決算変更届)
都道府県の手数料なし
行政書士報酬40,000円(税別)
変更届
(決算変更届を除く)
都道府県の手数料なし
行政書士報酬25,000円(税別)
業種追加
(知事の許可)
都道府県の手数料50,000円
行政書士報酬85,000円(税別)
更新
(知事の許可)
都道府県の手数料50,000円
行政書士報酬85,000円(税別)

お客さまにご用意いただく資料

建設業の社長さまがご多忙であることは承知しております。しかし、建設業許可に関する手続きでは、面談・電話・郵便・電子メールなどのやり取りを繰り返し、何度も追加資料をお願いすることがあります。そこで、少しでもお客さまの手間を減らすことができるよう、事前にお客さまにご準備いただく資料を以下にご紹介いたします。



市川市在住20年の行政書士が、市川市・船橋市などを中心に、許可・登録の申請をお手伝いします。事務所はJR総武線の本八幡駅1分、京成線や都営新宿線も利用できる大変便利な場所にあります。

ご希望に応じてお客様を訪問いたします。お気軽にお申し付けください。(千葉県・東京都の全域に対応)

たかはし行政書士事務所(トップページ) に戻る