建設業許可の取得代行します
たかはし行政書士事務所

対応エリア 東京都 千葉県 埼玉県 神奈川県
TEL 047-316-0531

お客さまが抱える建設業許可に関する問題

お客さまには、建設業許可を取得するための関門が3つあります。

  1. ご自身が建設業許可を取れそうか否か判断すること
  2. ご自身が建設業許可を取れることを証明するための証拠を用意すること
  3. 書き方の分かりにくい建設業許可申請書類を書くこと

この3つの関門についてお客さま自身がインターネットで情報収集をしても、結局「よく分からない」というのが「お客さまが抱える建設業許可に関する問題」です。

弊所が問題を解消します

私たちは建設業者さまの抱える問題を理解しており、その問題を解消するお手伝いをしたいと考えています。

たかはし行政書士事務所

〒272-0023
千葉県市川市南八幡4-2-5
いちかわ情報プラザ203

JR本八幡駅1分・3路線利用できる便利な行政書士事務所です。2名の行政書士が幅広い業務に対応します。お気軽にご利用ください。

(写真は弊所の代表者です)

ご依頼は簡単です

  1. 面談日を電話予約してください。
  2. 面談で建設業許可が取れそうか否か判断し、併せて建設業許可が取れるよう助言指導を行います。
  3. 行政書士が建設業許可申請書類を作成し、行政窓口に提出します。
  4. 後は建設業許可が出るのを待つだけです。

すぐに面談日を電話予約してください

面談したからといって、建設業許可申請の業務をご依頼いただくことを強要することはありません。面談の段階で、お客さまが「業務依頼しない」と決めることは普通にあることです。安心して面談日を電話予約してください。

電話予約を躊躇すると、いつまで経っても手続きが進まないかもしれません。今すぐ電話予約すれば、手続きが一気に加速し、お客さまの建設業許可取得の実現が近付きます。すぐに面談日を電話予約してください。

建設業に関連するブログ

2020.09.01 ブログ 令和2年10月の改正建設業法施行の話し|経営管理者の要件緩和など

建設業ブログをもっと見る

2020.09.01 ブログ 令和2年10月の改正建設業法施行の話し|経営管理者の要件緩和など

2020.04.01 ブログ 建設業者さんの収益認識基準の話し

2019.10.01 ブログ 個人名で取った許可は、その人が社長であっても会社の許可ではない、という話し

2019.07.02 ブログ 建設業法の改正の話し|経営管理者の要件緩和など

2019.05.02 ブログ 登録解体工事講習の話

さらにもっと見る 建設業カテゴリの全てのブログ

建設業許可の手続きをご希望の方へ

弊所の提供するサービス

弊所では、建設業許可に関することなら、何でも承ります。取扱業務を以下に例示しますが、「建設業許可に関することだけど、こんなことできる?」とお問合せください。

建設業許可に関すること以外でも、以下のような手続きを行います。

料金と業務の流れ

料金について

料金の総額は「行政書士が受け取る報酬」と「役所に支払う申請手数料等の必要経費(実費)」を合算した金額です。金額を料金表【第1表~第3表】にまとめてありますので、ご覧くださいませ。

業務の流れ

今すぐに面談日を電話予約していただくことから始まりますが、事前にもう少し詳しくお知りになりたい方はご依頼から申請までの流れの詳細をご覧ください。

建設行許可手続きに必要な書類の例

建設業許可関連の手続きに必要な書類は多岐に渡ります。以下に、もっともシンプルなケースで、必要な書類をご案内します。前述の通り、お客さまごとに違った事情がありますから、準備できない書類があったとしても、心配しないで弊事務所にご相談くださいませ。

新規許可(知事・一般建設業)でお客さまにご準備いただく資料

事業年度終了届(決算変更届)でお客さまにご準備いただく資料

ご相談の事例

建設業許可申請にあたって、必要な書類がない!というご相談は、よくあります。また、こんな時はどうしたら良いの?と質問される方もいらっしゃいます。心配なさらずに、まずは弊所にご相談くださいませ。相談事例