ご依頼から申請までの流れ

建設業の新規許可の場合

  1. まずは弊所にご連絡ください
  2. 面談を行い、要件や弊所の提供するサービスについてご説明いたします。
  3. お客様にて、要件を確認できる資料をご提示ください。
  4. 必要な場合は予備的な調査を行います。
  5. 手続きに特段の支障がないと判断できた時点で、行政書士業務の契約を締結します。
  6. 行政書士にて許可申請(届出)に必要な書類を作成および収集します。※行政書士にて収集困難な一部書類はお客様に収集のご協力をお願いしております。
  7. 書類にお客様から署名・押印を頂戴いたします。
  8. 完成した書類を役所に提出します。
  9. 許可が下りれば(届出が完了すれば)、業務終了です。

流れには例外もあります

お客さまはには、それぞれに個別の事情があり、上述の流れから外れる場合があります。

例えば、以下のような場合です

  • お客さまの事情を把握するために、最初の相談段階で資料をご用意いただく場合
  • 建設業許可に漕ぎつけるたのの前準備が必要な場合

このような場合は、申請書作成よりも、その前の工程の作業ボリュームが大きくなり、事案ごとの対応になります。

料金の追加をお願いする場合もあります。料金の追加は事前に申し上げますので、ご安心くださいませ。